ソーラーパネル+蓄電池で生活に安心を。

蓄電池はソーラーパネルなど太陽光発電システムとセットで導入することで、自宅で生産した電力を蓄電できます。

自然災害による停電になった場合、乳幼児や高齢者が一緒に生活しているご家庭ではエアコンが使えず熱中症にかかるリスクを回避できます。又、オール電化を導入しているご家庭では、売電するだけではなく、余剰電力を自家消費できますので、家庭用非常電源として活用できます。

電気を売買する時代から『蓄電』の時代へ

電気の固定価格買取制度(FIT制度)が始まり、太陽光発電と家庭用蓄電池が普及しました。

国の電力需給対策や電力の小売り自由化が推進され、各地域に新電力会社が出現したことも影響これにより、分散型で電力を売買する環境が整ったといえます。また、2019年からは、FIT制度の満期を迎えるケースが増えてきました。そのため、大きな売電収入が見込めなくなることから、家庭に蓄電池を導入し自家消費を進める方向へシフトしています。

光熱費0円生活も目指せます

太陽光発電のメリットを最大限活用するには、家庭用蓄電池の導入がおすすめです。

通常の買取価格の場合、自家発電した電力の売電価格よりも電力会社から買電する電力単価のほうが高く設定されていますので、発電した電力をためておいて自家消費量を増やせる蓄電池を導入すれば、発電・消費・蓄電を自宅で賄えて光熱費0も目指せます。

電気自動車の充電用として利用できる!「V2H」

「V2H」とは「クルマ(Vehicle)から家(Home)へ」電気自動車に蓄えられた電力を、家庭用に有効活用する考え方です。エコカーの新しい可能性として注目が高まっています。

今まで一般的だったのは、自宅に設置されている100V/200Vのコンセントから充電する方法でした。その後、家庭用の充電スタンドが登場し、家庭用電源から電気自動車に充電するだけではなく、電気自動車に蓄えた電力を家庭用電源としても使用できる給電機能も備えるようになりました。近年では、昼間に太陽光発電で生み出した電力を蓄え、夜間に充電できるように蓄電池機能を搭載した製品も生まれています。全て太陽光発電で蓄えた電力でまかなうことができれば、電気代(電費)はかかりません。



単なる「充電スタンド」だけでなく、EV/PHEVをさらに賢く使用できる環境が整ってきています。

PAGE TOP