リフォーム補助金情報

2022 住宅のリフォーム補助金情報


リフォーム・増改築時に一定の要件を満たすことにより、補助金を受けることができます。
当社では、補助金を最大限に活用できるよう、ご提案させていただきます。

こどもみらい住宅支援事業

こどもみらい住宅支援事業【公式】
以下の1)、2)を満たす方が対象になります。

1)「こどもみらい住宅事業者」とは、工事発注者​に代わり、交付申請等の手続きを代行し、
交付を受けた補助金を工事発注者​に還元する者として、予め本事業に登録をした施工業者です。
※工事請負契約等が結ばれていない工事は対象となりません。

2)「所有者等」とは、リフォーム住宅の所有者(法人を含む)およびその家族​、賃借人又は管理組合・管理組合法人のいずれかに該当する人をいいます。​


断熱リフォーム支援事業

【全国対象】既存住宅における断熱リフォーム支援事業

省エネ効果(15%以上)が見込まれる回収率を満たす、高性能建材(断熱材、窓、ガラス)を用いた既存住宅の断熱リフォーム事業です。
天井断熱
夏の気温50度以上になることもある天井裏に、断熱材を敷き詰めることで、冬は室内から熱が逃げていくのを防ぎ、夏は天井から火照りを抑え、暖冷房効果を高めます。
床断熱
冬の冷たさは足元から感じるものです。床下にマット・ボード状などの断熱材や気流止めを施工することで、冷気の侵入や底冷えを防止します。
窓断熱
断熱リフォームを検討するなら、まずは効果の高い窓からおすすめします。
内窓の設置やガラス交換など室内側の結露防止、防音などにも効果があります。
また製品によっては防犯性が向上します。
外壁断熱
外壁に断熱材を施工して冬は熱の流出を、夏は室内への熱の侵入を防ぎます。
これによって暖冷房効果が高まり省エネになります。

次世代省エネ建材の実証支援事業

近日公開
次世代省エネ建材の実証支援事業

地域型住宅グリーン化事業

近日公開

長期優良住宅化リフォーム推進事業補助事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業

住宅の性能向上リフォーム工事費などが補助対象となります。
その他、複数世帯が同居しやすい住宅とするためのリフォーム工事費(三世代同居対応改修工事費)や子育てしやすい環境整備のためのリフォーム工事費(子育て世帯向け改修工事費)、インスペクション(建物の劣化や設備の不具合について、専門の調査員を呼んで調査すること)等の費用も補助対象になります。
性能リフォーム工事

【1】劣化対策や耐震性、省エネ対策など特定の性能項目を一定の基準まで向上させる工事
・省エネルギー対策(断熱サッシへの交換、高効率給湯器への交換)
・耐震性(耐力壁の増設、屋根の軽量化)
・構造躯体等の劣化対策(床下の防腐・防蟻処理、ユニットバスへの交換)
・維持管理・更新(給水・排水管の更新)​

【2】(1)以外の性能向上工事
・バリアフリー改修工事(手すりの設置、床段差の解消)
・テレワーク環境整備回収工事(部屋を仕切る間仕切壁や建具等の設置)
・高齢期に備えた住まいへの改修工事(玄関スペースの拡大、未使用部屋の別用途化)


三世代同居対応改修工事費
キッチン、浴室、トイレ、玄関の増設工事
リフォーム後にキッチン、浴室、トイレ、玄関のうち、いずれか2つ以上が複数箇所あることが必要です。
子育て世帯向け改修工事費
若者・子育て世帯が実施する
子育てしやすい環境整備に資する改修工事
例)住宅内の事故防止、子供の様子の見守り、不審者の侵入防止、災害への備え等
防災性の向上・レジリエンス性(災害に対する強靱性)の向上改修工事
自然災害に対応する改修工事
例)地震災害、台風(風災害)、水害への備え、電力・水の確保等

PAGE TOP